チャン・ヒョク Just... Jang Hyuk (장혁-fc2)

チャンヒョクが大好きです。除隊の日から毎日綴っています[Since 2006/11/15]/楽天Blogからfc2に移転[transferred, 2008/04/17]  ☆no hyuk,no life☆ zoi

ピルチュは臆病だったから。だから/InterviewI⑧ <カネの花>チャン・ヒョク

2018
09


チャン・ヒョク
<돈꽃>


『カネの花』終映ラウンドインタビュー⑧
MBC News


Interview date : 2018.02.08

●演技は3、姿勢が7
●ピルチュは臆病だった。だから...






ラウンドインタビューなのに
サイダスPhotoではない、
と思ったら、本家のMBCでした ^^

インタビューの中でヒョクはピルジュを臆病者だと述べていますね。
なあるほど!
なるほどです。




장혁 “20년 전 대본리딩하던 날의 새벽공기가 아직도 생생하다”
http://entertain.naver.com/read?oid=408&aid=0000043788
 
20年前の台本リーディングした日の早朝の空気がまだ新鮮にある
2018-02-08 17:41 iMBC News



iMBC김경희/写真 손창영



BC週末特別企画「トンコ」を通じて2017年11月から約4ヶ月ほど、視聴者の応援を受けてきたカンピルチュ(チャン・ヒョク)と8日、江南某所のカフェで会った。

「品格のあるドラマ」という好評を受けて、3日に終了したトンコはイ・スンジェ、イ・ミスク、チャン・ヒョク、パク・セヨン、チャン・スンジョなどのそうそうたる俳優たちが毎回予想を上回る演技と反転ストーリーの中に23.9%が視聴率で放映終了した。

チャン・ヒョクはトンコではグループ法務チーム弁護士として財閥一家のクリーン後始末をしてくれる充実の腹心、そして復讐のために身分を隠して腹心の役割りをした本物の財閥の孫カンピルヂュを演じた。


チャン・ヒョクは序盤にはカンピルジュを愛していた女性を復讐のために敵の息子と結婚させるほどの強い男で、中盤以降は敵であるチョンマランとの微妙な感情ラインを示すセクシーな男、後半に行くほど、自分と復讐の対象の関係について苦悩し、現実的な解決策を探していく**ヌェセク他人の姿を見せた作品の中で多彩な魅力を披露し熱い愛を受けた。

そうだった、チャン・ヒョクにトンコの品格がどこから始まったのかを聞いてみた。



【Q.】あまりに魅力的な作品だった。週末ドラマで、このようなクオリティを見ることができて、視聴者としては良かったが作品を選択する状況でも、このような結果が予測されたか?

【A.】私がこの作品をすると決まった時、周りのみんなの最初の反応が「どうして週末ドラマをするのか?」だった。
ファンも週末ドラマをするという選択について失望も表しました。週末ドラマは一回当たりの制作費がミニシリーズとの違いが多いため、スケールが違うのだと、相対的にみて最もらしい意見だった。

しかし、私は外的なスケールより人物たちの心理的なものを表現することに魅力を感じました。出演作「マイダス」ではキャラクターが事件に引きづられたことに対する物足りなさがあって、今回の作品では、私は事件を主導するキャラクターをしてみたかったのです。
週末ドラマであってもいいではないかと思った。そして結果的に良い仕上がりをすることになった。

カンピルジュという役も魅力的であったが作家の筆力が良かった。
また、演出される監督とも縁があったし、イ・ミスク先輩、イ・スンジェ先生などその方が先にキャスティングされたという事実にも力になった。だから快く選択できた。



【Q.】先ほど言われたイ・スンジェ、イ・ミスク先生たちの演技が「ドンコト」というドラマをより一層高級で緊張感ようにしてくれたようです。

【A.】すごい方たちである。 実際あの情熱を持っておられるから40年、60年も生き残ることができるのだと思った。その方たちもそうそうたる同期たち、同僚たちの間で独歩し、今まで演技をしておられるのに、そのための情熱とその感じが真に尊敬だった。他の先生たちもそのことについては、多くのことを勉強することなった作品だった。



【Q.】個人的にチョン・マランとカンピルヂュ間の絶対的な信頼、復讐と、微妙に行き来する不思議な雰囲気がとても印象的だった。二人の間に何かあるのだろうがかと想像にするようなケミはどのように出てくるようにしたのか?

【A】偶然私の台本を読んだ解釈と、イ・ミスク先輩の解釈が一致した。
単に復讐対象にのみとして見るとぎこちないものだったから。 両者の間には17年以上の時間差があり、その時間の間に、復讐の経験と関係があったのだ。
ピルチュの視線でチョン・マランを見たとき、復讐の対象という1色のみでは見えなかった。
ところが、イ・ミスク先輩も同じ考えをされていた。両者の間の関係にプラスアルファを持って来てみようとし、色々と話した部分がドラマの中に溶込んだようだ。

熱かった者同士、多くのことをしていたようだ。イ・スンジェ先生もそう、イ・ミスク先輩もそう。私たちは、演技的に多くのことを準備して、現場で手札を取り出す先生は歳月の年輪から出る敗を取り出し数を2。 
準備したものをあれこれ様々な引き出しも先生たちも、より多様に受けてくださっは、どのようあのできるのかと思った。40年、60年前の底力がああなのだと思った。
そのようなものがたくさん調和出来た作品であった。



【Q】単に見るとカンピルジュにとって、他の人々は復讐の対象であっただけなのに、複雑微妙な関係の感情がよく表現されたドラマだった。

【A】「復讐を果たした後は? その次は?」と気になった。
だから、簡単に復讐できなかったではないのだろうか? 
復讐に縛られているカンピルチュだったが、長年一緒に暮らして愛憎もあっただろう。 チャン・ブチョンはチョン・マランの息子なのに、復讐するだろう***申し訳たものであり、ナモヒョンは愛したが利用したので、罪悪感もあっただろう。
このような人物のそれぞれの関係にまつわる感情は、女性演出家だったのでよく表現することができたようだ。男演出だったら関係よりも事件、ソリューションの詳細について集中したと思う。
 
演出したキム・ヒウォン監督はそのような観点があった。繊細でセンスよく劇の中心を保持する。俳優たちは素直によく曲がっとる監督だ。宿題もたくさんだして来られた。そうすると会話がよく出来るようになって、お互いを認めて作品を導いて行くことができるのだ。
監督と俳優たちがお互いに共感できる時間を作品が終わるまで、毎週、週に一度、朝8時台本リーディングを介して行った。それだけ監督が努力をして意志を示したので、誰もが心からついて行くことができた。



【Q】劇中の弁護士、なじみのない言葉も多かっただろうしセリフ量も多かった。大変ではなかったか?

【A】カンピルチュは企業型弁護士だ。普通の法律用語よりも経済用語が多く、"マイダス"一度勉強したことがあり、また、普段から社説やニュースをたくさん見るので用語が不慣れではありませんでした。
ところがセリフを自然に話すには、百回以上は言葉を取り出して口にしなければならないが、現実にはそれだけの時間が与えられてなくて仕方なく詰まった部分が生じたよ。
そうしないようにと努めたが。



【Q】以前のいくつかの作品では、さまざまな表情の演技がポイントになって、また、いくつかの作品では、アクションがポイントになって...。 
今回の作品では、「ポーカーフェイス」の演技を披露した。作品ごとに演技変身をすることへの負担はないか?


【A】演技変身に負担はない。ただ、その人物に合わせて演技するだけである。
演じる人自体がチャン・ヒョクだから、言うトーンや声変わりは不可能である。代わりにどのような状況なのか、どんなキャラクターかによって表現することに違いがある。そんな違いを作品別キャラクターに合わせて表現するだけである。
今回のカンピルチュは臆病な人物だった。 だからポーカーフェイス演技を出てくるしかなかった。 ****恐れマサチューセッツに用心深いしかなかった切除すべき人物だからだ。だから愛する人にも率直にできなかった人物でもある。



【Q】実際チャン・ヒョクはどんな人物なのか?率直なほうなのか?

【A】正直より忠実に生きようと努力する。
充実より誠実という言葉がより適していたい。私が選んだものはまじめに取り組もうとする。
イ・スンジェ、イ・ミスク先生がいつも言われることだが「演技は3姿勢が7」である。
姿勢を7に維持しなければずっと仕事を続けることはできないという話を確認した。姿勢が整っていなければ演技3をせいぜい保っても、不足が多数となる。 
今まで演技して感じたのは私が誠実でなければ、より長い年月演技することができないと思う。これまで着実にしてきたように。



【Q】20年ほど演技活動をしながら、着実に誠実に出来る原動力は何ですか?

【A】まだ胸の中に熱いものがある。 
96年SBS「モデル」というドラマの台本リーディングをしに行くときの夜明けの空気がまだ忘れられない。この心情は来年も、その後年にもそうだと思う。
今、現場に行けばどう演じるかという緊張感と演技をやり遂げた後の快適さと、この二つの感情が常に存在する。 このようなことがまだ鮮やかので可能なんじゃないかと思う。
その一方で、一方では、毎分、恐ろしい。
毎回どのように上手くできるだろうか? 時間が経って演技をすればするほど難しい。少しの努力すべきでは新たに見てもらえず、だから多く努力する。
フリーランスとして継続してキャスティングされるということ自体が、イ・ミスク、イ・スンジェ先生がすごいのだ



【Q】今後の活動計画はどのように?

【Q】長い空白なしに作品に戻ってくることが推測されるがまだ決定はしていない。
近いうちに『 』はというバラエティ番組に参加する。長い間撮影会場にいたから旅行がしたくて選択した。 
また『ムントゥン』に出発いる前には、まず家族と旅行に行ってくるだろう。

バラエティは、通常、親しい友人が呼んでくれて楽な気楽に参加してきた。
キム・ジョングク、チャ・テヒョン、キム・スロなどがあり、「ファミリーが現れた」「辰クラブ」「本当の男」のようなプログラムに出かけたが、「ムントゥン」はチョン・ヒョンドン、キム・ヨンマンと以前『日夜、恵みの雨』の時の縁で一緒になった。
楽しく行ってくる。


iMBCキム・ギョンヒ| 写真ソンチャンヨウン










ADJxB0ybEjT2636537083670600015.jpg



v2_20180209051018629.jpg
https://blog-imgs-118.fc2.com/1/j/a/1janghyuk/v2_20180209051018629.jpg









いつも訪問くださってありがとう!

FC2移転後のアクセスカウント
Total count&日計&週計


スマホでは 日計と週計は表示されません
関連記事

 돈꽃 カネの花 マネーフラワー お金の花 チャン・ヒョク 장혁 チャンヒョク janghyuk

0 Comments

Add your comment